クリーニング|剣道防具|靴|福岡

衣類の再生加工衣類の再生加工宅配クリーニング宅配クリーニング

剣道防具クリーニング

日々の稽古を共にし、汗と涙を受け止めた防具

自分の手にしっくりと馴染んだ、自分だけの防具を、型崩れすることなく洗うことが出来ます。
クリーニングのプロが、ウールや革製品を水洗いするノウハウを生かし、独自の水流水洗機を開発しました。汚れを浮かして、重ね付いている汗とアカをしっかりと洗い出し水流の力とオゾンを含んだミクロの泡で洗い上げます。

スッキリと洗い上がった防具で、日々の稽古に励んで下さい。





日々の稽古で大量にしみ込んだ、汗やアカの汚れを洗います。




防具クリーニングの流れ


水流水洗機でつけ置き洗いをして、アカ汚れを浮かします。その後、ブラシでアカをしっかり洗い落とします。

大量の水と、オゾンを含んだミクロの泡で、しっかりとすすぎます。

タオルで水分を十分に拭き取って、風に当て自然乾燥をします。

剣道防具道着クリーニング料金(税抜き価格)


上着 袴(化繊)
袴(綿)
甲手(一組)

 
垂れ
 小学生以下 400円 800円
1,000円 1,400円
1,400円 600円
 中 学 生 500円 1,000円
1,200円 1,900円
1,900円 800円
 高校生以上 600円 1,200円
1,600円 2,400円
2,400円 1,000円
 手刺し防具
2,900円
2,900円 1,600円

※納期 道着3日 防具1週間

剣道防具道着クリーニングオプション(税抜き価格)


※ 表示は税抜き価格です。

道着
ホツレ修理    500円~
破れ修理   1,000円~
(範囲、部位によって異なります。)
黄ばんだ道着の漂白コース 900円~
藍色補色(表面のみの補色となります。)
面   4,000円
甲手  3,000円 (1組)
垂   3,000円

剣道防具クリーニングQ&A

① 藍色が落ちないですか?

久留米絣の藍染工房に藍染体験に行き、藍染の特徴を学びました。
本当の藍染は、染めた後にたっぷりの水で何度も濯ぎます。その後は水で 色落ちすることはありません。
ただし、化学染料で藍色に染めたものは、色が出るので注意が必要です。中には著しく色落ちするものもあります。

② 型崩れしませんか?

そのままの形状を保ったまま、つけ置き→洗い→濯ぎ→乾燥を行います。
機械的な力を加えずに洗うので型崩れはしません。

③ 鹿革で作られていますが、大丈夫ですか?

革製品は、そのまま水洗いをすると、革のタンパク質の組織が壊れるため硬くなったり、縮んだりします。革の組織を壊さないように、伸縮を防止する成分が含まれた弱酸性の加工剤で洗うので、鹿革でも大丈夫です。
しかし、甲手については、左右で革の使われている部位が違う場合があり、その場合、洗った後に、ずいぶんと風合いが異なってしまうことがあります。

④ カビは取れますか?

カビは取れますが、革の部分は、傷跡となって残ることがあります。

⑤ 手の内に付いた藍色は取れますか?

色を取るためには、高温のお湯で取る必要があり、色々な素材が使われている防具には、使うことが出来ないので取れません。

⑥ 紐は付けたままで大丈夫ですか?

紐もキレイに洗うので付けたままで大丈夫です。

⑦ 藍色に染めることは出来ますか?

藍染をすることは出来ませんが、防具の表面を、藍色で補色することは出来ます。

⑧ 配送は出来ますか?

受付けは、店頭でしていただく必要がありますが、お届けはクロネコ宅急便の着払いが出来ます。